初めての投影!

初めての投影!

初めての投影!

 

 

心のシステムとは古代からイメージ遺伝子群「元型」によって運ばれてきました。それは心のシステムのなりたち「無意識・自我・意識」つまり自己構造ということになります。親から子と私達が群れ「社会」を作れるのもみなこの遺伝子があるからこそなのです。約20億年前、私達の人間のルーツミトコンドリアの時代は男性性はありませんでした女性性「遺伝子」の細胞分裂で種の保存は保たれていました。男性性はテストのために誕生いたしました。 現代人の生活のエネルギーベースつまり心のシステムは男性も女性も女性性をベースにできあがります。つまりすでに胎内ではそのシステムの遺伝的パターンが組まれていて!上の写真のようにエロス「関係」のトライアンギュラーとして心の性を形づくりを始めます。不思議なことに頭脳も含み、私達をコントロールしているのは生理的「肉体的」にも深く関係している本能精神ベース「心のイメージ群つまり精神本能」なのです。本能はエネルギーの供給源となり意識がコントロールするわけですが!悲しいかな意識の勝利に未だ人類も至っていません。テストのため誕生したマイナスの遺伝子も戦争などはほとんど男性がおこしますが衝動性「無意識」の支配による太古的な遺伝子もひき継がれているためです。実は投影という観念生活でとまったまま90%以上の男性の心「男性性」が発達しません、東大をでようがハーバードをでようが関係ありません。官僚の不祥事政治の不祥事を現実にみればご理解いただけると思います。この心理学的おおきな問題にほとんどの男性が気付かないで一生を終えてしまいます。女性の方はこのことを覚えておいていただくと!ほんとうに結婚生活に役にたちます、学歴にはほとんど関係ありません、会社と家庭で大きく心理状態がかわってきましたら気おつけてあげてください。結婚前の方も意識発達をしていないと妻と母「女性性と母性」を同時に結婚相手に求めてきます、現代ではものすごく多いです離婚の原因もほとんどこのような男性の幼児性から来るトラブルです。 一番危険なのが自分自身の価値観が理解できなくなり、ノイローゼ、やうつ病など、又ストーカなどの攻撃的性にまでいってしまうことです、男性は心は遺伝的に攻撃性を持つものです。 女性の性の発達は男性とは比べものにならないくらい複雑にできています。始まりは男性と女性同じ位置取りにありますが!システムの複雑さでいうならば女性のほうがはるかに複雑な発達だということができます。上の図の愛のトライアンギュラーと私は読んでいます、つまり実際の母・自分自身・イメージ母「元型」・この母との「エロス」根源的関係の中に女性も男性も誕生します。つまり後胎児期約2年間は自我機能が始まるまで無意識の中での生活が始まります、もうここでは投影という事象が始まっています。自分自身のもつ「多様な元型・イメージ遺伝子群の中から」実際の母にイメージ母を投影します。 心理学の詳しくない方には不思議かもしれませんが実際の母を現実化するためには致し方ない心のシステムなのです。「自分自身の遺伝的な母のイメージ・母の心的内容」を実際の母とマッチング・現実化・母の縮小化して今後の意識システムを構築するための最初の投影です。ただここからは専門的になりますが女性は二重意識構造をもつために複雑化してまいります。  


ホーム サイトマップ