ほんの少しの心の違いで!

ほんの少しの心の違いで!

ほんの少しの心の違いで!「同性に惹かれる」

 

 

 

私はニューヨークのゲイストリートに初めていったとき明るさみたいなものを感じてしまいました。日本でもゲイの方たちのおしゃべりなどを聞いていると一種独特の人間の根源的な説得力があります。  

kokoronoの不思議!

ほんの少しのこころの違いで!同性同士が愛し合う!不思議なことですが!つまり生まれたときは、すべての人間の心は両性具有つまり心は男と女に別れていないのです。お互いの性を意識し始めるのは4歳〜5歳ぐらいでしょうか!自我の形成とも関係があります。ある意味不思議な生命の根源的な段階、つまり一つの個体で男女が共存する状態!心的には完璧なウロボロス段階,自足状態とも言えます。 心理的にみたら同性愛の方は分れたくない人々「男と女に」ということができます。ゲイの方たちが大きなこころを持つのも、ほっとするのも、安心感があるのも理由があります、つまり人間の始原的な心「母」に非常に近いのです。幼いとかそう言うことではなく、大きな、包みこむような、太母的、男と女とかそういうことではなく、人間的な温かみを持ち感じながら生きている人ということです。こんなことを言ったら怒られそうですがある意味一般の方よりも精神的にバランスがとれています。 男性の方は特にそうなのですが!母と母神がリンクする傾向にあります、死ぬときは太母的な、子宮的な、宇宙的なところへ帰るというイメージを多くの方が持たれていると思います。

 

提供 kayu フラワーセラピースクール 


ホーム サイトマップ