午後の心理!

午後の心理!

午後の心理!*Afternoon psychology

 

*Afternoon psychology 「午後の心理」40歳過ぎの心の構えの変化!女性の二重意識の怖さ!

 

*人生は肉体の旅と心の旅がございます、心の旅は恐ろしいことですが誰にでも好むと好まざるに関わらず人生の大きなパターンとして運命づけられています。午後の心理は40才過ぎると心の構え方を変えようとします!これが午後の心理への入り口!どんなお花を咲かせるかはその方の心「根っこの成長」次第です。つまり心の構え「動機」モチベーションは本能・精神とも連動しています。

*これからの分析はあくまで私の私見の分析です!心の成長の失敗例として自民党の豊田議員の例をあげてみましょう!

たしかに見かけの生活、金銭的、物質的にはある程度は成功なのですが!心の発達は完璧な失敗例とみても良いと思います。私は精神科医も相当なレベルの人につかないと余計に悪化するように思います。「禿という発言は権威生活、意識生活の一面化を表しています、男として生きてきた意識生活の疲弊を表現しています、弱い立場の男性へと攻撃は向かいます40才もすぎて!自分の内面を犠牲にすると午後の心理生活に入るときにとてもまずい状況になります、仲間として人間としての人間関係をモチベーションとして生きなければいけないのに!仕事しなければいけないのに!幼児段階から心の成長がなされていないとみるべきです、取りこぼし症候群とでも名前をつけたほうが良いのではないでしょうか!」
 
もし私の分析が正しいとすると!実はこの方はこころを置き忘れてきています。女性性というこころをです!つまり感情生活が破たんしています。精神科医でも現在のこの方の心が幼児から思春期段階のどのあたりにあるのか?居場所をみつけだすのが背一杯ではないでしょうか!つまり男性性に支配されて40才すぎまできてしまいました。心は男性性のみで生活してきたために!午後の心理へ・Afternoon psychologyと入るべきところで無意識群「女性性」からはねつけを食らってしまいます!怖いことに自分自身の持つ遺伝子イメージからのクレームです。どこの位置にいるかということぐらいは心理を勉強しているものなら大体理解できるのですが!治療となると話はまるで違います。専門医でも相当な経験者でないと!そして生きてきた時間まで無駄にならなければ良いのですが!、現代日本ではとても増えている症例ではないでしょうか?物質生活の崩壊の時期に日本人もきているように思います。
 
*この事例の場合はほとんどの精神科医が幼児期から思春期にかけてどこかで停止してしまっている心の発達に問題点を見つけ出すように思います、分裂まで行っていないことを祈るばかりです。

 

 

* Afternoon psychology "Afternoon psychology" Changing the mindset of the mind past the age of 40!* Life has a journey of the body and a journey of the mind, it is a terrible thing but despite preferring it to anyone, it is doomed as a big pattern of life. What kind of flower will bloom is up to that person's heart "root". In other words, the motivation of the mind "Motivation" motivation is linked to instincts and spirits.* The future analysis is an analysis of my personal opinion to the last! Let me give an example of the Liberal Democratic Party toyoda as an example of mind growth failure!Indeed it is financially, materially a success to some extent! I think that mental development can be regarded as a perfect failure example. I think that psychiatrists are getting worse unless they reach a person of a considerable level. "The saying of bald is expressing authority life, exhaustion of the consciousness that has lived as a man, sacrificing the inner face of myself, it becomes a very bad situation when entering the psychological life of the afternoon, as human beings as a companion You have to live as a motivation for relationships! You have to work! You should see that your mind has not grown from the infancy stage, you may as well name it as a bad syndrome! "If my analysis is correct! Actually this person is leaving the heart behind. It is a feminine heart! Even a psychiatrist may not be full of finding the present place of the mind! In other words, it is dominated by masculinity and has come to be over 40 years old. Because the heart has been living only with masculinity! To the psychology of the afternoon ・ Afternoon psychology and should enter, unconscious group "female sex" will get reluctant! Scary is a claim from the genetic image of ourselves. If you are studying psychology about where you are, you can generally understand! Treatment is totally different when it comes to treatment. Even a specialist should be a considerable experience! I hope not to waste until the time I live! Is not it a case that is increasing very much in contemporary Japan? The rape case of the University of Tokyo should also be regarded as a similar case.* In this case most psychiatrists are thinking to find problems in the development of the mind that has been stopped somewhere from infancy to adolescence, I pray that things are not going to division . 


ホーム サイトマップ