心の構造!女性の経験の始まり方!NO4

心の構造!女性の経験の始まり方!NO4

心の構造!女性の経験の始まり方!NO4

*人間関係の原像!母元型が焼き付ける物!
 

 
男性にも女性にも人間関係の原像がすでに母の元型によって幼児に焼き付けられてしまいます。

 
*上の関係が母元型の体験関係をしめします。この投影というシステムをとうして現実の母母というこころの機能イメージが私達の心に認識されます・まさに男と女の心にこの母というイメージをとうして人間関係の原点が焼き付けられるわけです。セラピストの方はとくにこの男性と女性では焼き付けられ方が違うということを理解してください!
 
この母元型「イメージ母」と自分の意識と実際の母に投影している元型的体験世界を女性の場合も本源的関係といいます。まだ自我が確立するまえの経験的段階です。キリスト教の洗礼親というイニシエーションも、幼いころ別な親がどこかにいるという意識活動も!この両親像という大切なイメージがその後の子供の発達を大きくサポートするために生まれたイメージです。
 
このとき女性「自分」からみると母は「同性」であるために!「女性は自己発見においては自分を女性的なものとして経験し」、「本源的関係においては母性的なものを女性的なものとして経験します。」この両者が一致共存していることから!同一視の対象となるかぎりどんな関係であれこれを強化するという!女性独特の関係性が出来上がります。好きな人と同じ方向を向いていたい!
 
*やはり女性の感情豊かな性「心」においてはその高見に到達できれば!まるでピアノのように何オクターブもの音階とそのしなやかさはまるで!女性的精神の独断場で男性はただ見守るしかない生命の不思議の領域でもあります!また子育ての技術の面でもなくてはならない存在です。

 



 

 


*つまり否定から始まり、関係を対峙的にみなし!意識と無意識を別けてエロスを焼き付けられ!自我・意識を自分の中心システムとしてしか生きていけない男性性と「自我・意識システムを同一性と勘違いしやすい単純な方向性に進みやすい男性性と違い性が母「本源的関係」と同じであるために!男性のように意識をとくに作り出さなくてもどうにかではありますが自然に生きていけてしまうということに!女性の複雑な問題が同時に孕んでいます。また現代では仕事ということが経済的文化と直結していますので!子育ては現代文化から否定的にみられ!男性的な側面もこなさなければいけない女性にとり女性独特の二重意識がもつ側面も女性をとても苦しめているのかもしれません!
 
*次号は父性的ウロボロスの侵入「女性的精神の目覚めです」
 
 
 


ホーム サイトマップ