心の構造!「女性の心理!シンボルの機能!NO10

心の構造!「女性の心理!シンボルの機能!NO10

心の構造!「女性の心理!シンボルの機能について!NO10

 

"Meaning of symbols! Beginning from a group!"

*ウロボロス  「0歳〜自我の誕生ぐらいまで」「自我の関係性以前・精神のビックバーン」の理解以前にフラワーセラピストはこのシンボルを理解して欲しいという!誰にでも起きている心の動き方です!

 

またそんなに難しいものではないということです。人間が持つ遺伝的事象ですから!皆さまの心の中に過去に起きたこと!現在起きていること!未来に起きること!現実に起きていることです。人間が苦しむのはこのシンボル「イメージ群」が正常に受け取れていないということもあるわけです。とくにママさんには内の子供は夢をよく見るか?ママにしっかり甘えてくるか?外向きのこどもか?内向きのこどもか?でもシンボルの受け取り方が異なりますので注意してあげてください。

 

たぶん大人でも一生なに不自由なく暮らせたとしてもロボットだけとの生活は望まないはずです。群れの中「関係性とシンボルの相互作用」でしか生きられないのも人間の宿命です。「例えば幼いころ内のとくにパパならなんでもできるというイメージを持たれた方が多いと思いますが!心の構造の深いところでシンボルとの結びつきがあるからです。」

 

まず人間も動物だということを理解してください!意識機能とイメージ「精神」が単独で動くということを除けば人間も未だに立派な動物です!つまりホモ・サピエンスであるわけです「戦争が途絶えることのない理由が狭い攻撃性・男性的本能の領域・男性性に依存している社会構造にあるわけです」。つまりこのシンボルとは本能というエネルギーと動物的な方向性「動機・エモーション・意志・行動・社会」を人生一般に持たせてくれるイメージ群と理解してください!つまりこどもがおっぱいをせがみ「別な意味では授精行動」成長するのも!このシンボル群「精神・イメージ群」にささえられているわけです。私達フラワーセラピストもお花と向かうときこのシンボルを感じているわけです。
 

 
現代人の大きな勘違いは!人格を備えた人間として生まれてくるとでも思っていることにそもそも最大の間違いがあります。なぜに東大生が強姦事件を起こしてしまうのでしょうか「知識教育では人格の成長は無理」?なぜに座間のような猟奇的事件がおきてしまうのでしょうか?何故に千葉大の医者が強姦事件をおこしてしまうのでしょうか?なぜに総理大臣が森友・加計問題として疑念を持たれるのでしょうか?すべては簡単です人格は遺伝子イメージ「シンボル」の中にはありますが!個々人の発達はプロセスには「順番」があり!お金をもとうが!貧乏だろうが!社会・親・教育者がこのシンボルにそって生きているか?が決定的な教育なのです。このシンボルを個々人が受け取らないかぎり一生発達しないということなのです。こういった意味でアメリカのIT業界の群をを抜いた経済の意味が理解できます。

 

つまり動物的なものを人に変える教育は!意識の中だけでなく「自己」の中でしか達成されないという全人的・心の構造に「全人格・創造」に依存しているからです。つまりすべての人間が粗ぶれたまま「本能的エネルギー支えられ」に生まれてきて粗ぶれたまま!一筋の精神・本能ルート「シンボル群」を人間になるべくスタートをしていきます。だからこそ教育が「全人・すべての人に教育が必要」人間に「関係有る者・人格者」変えてくれるわけです。だからこそ教師も子供に教わるという場面が何回もあります。すでに現代ではシンボリック作用論・など心理学と社会行動学を結びつけた理論が多数あるのに!文科省は何故道徳なのでしょう?道徳以前のこころが発達しないことに「価値観の貧弱化」!子どもたちは苦しんで悲鳴をあげています、それさえも理解できない大正の教育にでも戻ろうとしているのでしょうか?これこそ経験科学の無視!教育レベルはどこまで落ちるのでしょう?情けない国になりはてたものです。虐めの本質が理解できない!

 

また人間は特に男性は動物的なもの自我からスタートするつまりゼロからのスタートとなるからです、つまり人生前半は「男も女も」男性的な自我「エゴ」対自我「エゴ」集合的・関係性を学習していきます。つまり教育は親とか教育者がするのではなくシンボルが教育すると言ったほうが正解なのです。「特に男の子は親の汗を流して働く姿!イメージで受け取ると内的人格の変化が現れます、男同士の繋がり!背中で教育するとはまさに男性的な教育です」

 

ヨーロッパ社会は何千年という時をへて!キリスト教という男性的な宗教が社会におおきな貢献をしてきました!キリスト教でさえ魔女狩りという悲劇を持つ訳ですから人の教育がいかにすさまじいものを持つかはご理解いただけると思います。つまりセラピストも教育者もこの遺伝的な精神イメージ群を理解するものという意味になります!教育者とはこのシンボルに付き添う者という意味です、また個々人の才能はすべてこのシンボルの中に隠されています。「この点ではすべての人間が平等です・我を知ること自体が才能です他に方法論はありません」

 

*人生は猿の時代から!前半は「群れ・集団」としての成長にシンボルは重心を置いています。

 

よく頭の悪い学者が個性と平均化は両立しないだのとバカなことを言いますが!人間の心は動物的発達!種を維持するために種「社会・群れ・掟」に対して男性的集団的なシンボルを優先させます。親・神・母・父・兄弟・親戚・友達・異性・心的「深層心理・恐れ・恐怖・畏怖」社会的発達を優先する「平均化」のは当然のことなのです。人間ほど40才以降急激に変化する動物はほかにありません。ところが現代では科学自体が勘違いを起こしています。アインシュタイン博士は前号でも説明したとうりこのシンボルを受け得とる能力が天才的なのです。ゲーテ・フロイト・ユング天才的なひとはすべてこのシンボルの能力「創造」がすさまじいものです。

 

つまり私達人間は種の保存「平均化」に!生まれてから人生の前半は重きをおいています。つまり環境!集団の中で生きていけるように!母との関係!父との関係!家族との関係!親戚との関係!友情・友達との関係!上下の関係!社会の関係!異性との関係!必ず年齢と意識の発達を順番がシンボルにはもうけられています。尚且つ男性には自我と意識を同一視する癖があります、男性の政治好きは自分を社会を社会の中心化するという最大の動物的な癖をもっています。相模原の事件で議長公邸に手紙をとどけたのも!この男性の本能的な癖のためです。

 

前政治家の自民党の豊田議員などは東大・エイリート官僚・政治家との華々しい人生でしたが!やはり40才すぎて個性化の犠牲となってしまいました、意識自我が押さえつける限界点に達してしまったのです治療にはかなりの時間がようするはずです!つまり自分自身のもつシンボリックな女性性という本能的心因を荒らし放題にしてしまったからクレームがきてしまいました!怖い現実ですね!つまり男としての人生を生きてしまいました社会性の犠牲者ということもできます。

 


*マシュマロ実験「たしかアメリカの実験」

幼児にマシュマロで実験をしたそうですが!マシュマロと呼び鈴を4歳の子供の前において!部屋に一人で残したそうです。呼び鈴を鳴らせば研究者がすぐに部屋にもどりマシュマロを一つ食べることができるが、呼び鈴を鳴らさずに研究社が部屋に戻るまで我慢できたらマシュマロを2たつ食べることができるという実験です。行動はかなり個人差がみられ中には15分も待つことができた幼児もいたそうです。それから約12年後の追跡調査ではマシュマロを我慢できた子供たちは「大学進学適正試験」などの得点が高く!そのごの追跡調査でも成績優秀者や社会的地位が高いそうです。この実験からも理解できるように平均化「社会に適成化」することがそもそもその人の持つ才能を開花させることにつながっているわけです、本当にシンボル理論とはすさまじいものです。

 

私が言いたのは才能とは自分で判断できるものなのです、好きだから辛い面も我慢できるということが才能のように思えてなりません。アインシュタイン博士が東京のホテルに泊まった時!ホテルマンにサインだか?忘れましたが!いずれこれを持っていれば財産になるよ!と言って渡したそうです、すごい自信ですね!現実に何百万という値がついているエピソードにはおどろかされます。皆様がママを早く亡くしたために医者になって人を救いたい!こんなこころの動機も男性が英雄的なシンボルを持っているからです。

 

 シンボル

「元型・アーキタイプ」とはエネルギーを持った精神イメージ群をいいます!アプリオリ「行動遺伝的」に私達人間の行動を一生司るイメージ群です。いずれタイプ論で説明いたしますが!私達の行動を司る機能が人間には4つあります。その中の直観機能がこのイメージを受け取る機能の中心をしめています。女性が特にこの無意識群「イメージ群」と結ぶ能力が高いとされています。ですから音楽家などの創造する能力!子育てなども創造する能力がとても重要です。最後にこのシンボルには年齢と意識という内的な時間が支配しています、つまり齢と発達「心の位置」という内的時間です、そしてあるシンボルに捕らわれるという人間独特の発達があります。ノイローゼ、神経症となって現れてしまいます。次のプロセスに行けない60歳になっても行けない人が結構多いのが現代の特徴です。

 

 
次号は人間的なタイプ理論についての講義になります!少し悩みだのノイローゼがどこから来るか理解すると!少し楽になる可能性があります。


ホーム サイトマップ