心の構造!「女性の心理!父権的ウロボロスの侵入」NO8

心の構造!「女性の心理!父権的ウロボロスの侵入」NO8

心の構造!「女性の心理!父権的ウロボロスの侵入!」NO8

 

*父権的ウロボロスの侵入に入る前に!
 
セラピストの方に常に意識していて欲しいのは心は両性具有で生まれてくるということです。女性の場合の男性的な面はどこへ行ってしまうのか?「男性性」この父性的ウロボロスの侵入ではじめて無意識と意識にこころの形態が別れていけるわけです。現代でも日本ではとても集合的な社会構造ですので!男女ともに!結構多くの方が意識的な自我をもたなくても生活できてしまいます。ヨーロッパ圏アメリカの都市部ではすでに観念的生活を送ることはできないように思います。大統領を疑いたくなってしまいますね!アイデンティティーの分裂は許されない時代です。
 
元型について!元型は私達の方向をシンボルにより指し示してくれる本能・精神群です。例えば父元型というのは歴史的・遺伝的に父の在り方をイメージでさししめしてくれます。元型はイメージとエネルギー「本能」で構成されています。あと動く元型と静止像の元型があります。「動く元型・動画のような元型を変容の元型といいます」
 
*例えば 結婚のときに実際の父親がすごい権威のある男性で!そのような家庭で育った場合に父のイメージが過大評価されたまま女性に残っている場合と半面教師の場合とおおきく別れるように思います!当然自己保存の女性の段階の方ですと過大評価された父のイメージをもろにぶつけられるわけですから大変なストレスがかかります。当然自我が相当鍛え抜かれた男性でないとそのような女性を受け止めるのは無理ですよね!かといって世襲制で育った男性は多くの場合!男の自我は鍛えられいないので魅力は浅いものとなり女性を落胆させてしまいます。つまり結婚とはお互いの歴史でもありますから大変なその後の努力・影響力がお互いに必要だということになります。現代ではマザコンの男性は非常に多くいて!女性性と母性のミックスが激しく!母性も一緒に相手の女性に投影してきてしまいます。そんな男性と結婚した場合はその男性の感情面まで女性は面倒みなくてはならなくなります、つまり母親の役目まで背負わされては生活がいつかは破綻します。これから結婚される方には残念ですが日本の現在の現実がご理解できたのではないでしょうか?自民党のと豊田議員などは40才すぎまで自分の持つ女性性に気を配らず!いつしか男性性「男性社会」を生きてしまっています、本当のところは自らの女性性からのクレームでノイローゼ情態というのが私の分析です、健全な状態に戻すのはかなり時間を必要とします。東大・アメリカの大学をでながら自分の才能が活きていないというのはとても悲劇的です、日本には教育者がいない現実が日本人を潰しています怖い現実ですね!
 
皆様もこの自我・意識機能という才能を左右する現実が生まれてすぐに訪れるということをご理解いただけるとママさんにはお子様をよりよく理解して頂けるのではないでしょうか?
 
少しとう回りになりましたが父性的ウロボロスの本題に入ります。
 
 


ホーム サイトマップ